合格どんどん

応援レシピ

【ちょい食べ編】塾前にエネルギー補給!卵とじ牛丼


卵とじ牛丼(調理時間:約15分)

サポートCHECK!

食べ盛りの受験生にぴったりな、ボリューム満点の軽食レシピです。
牛肉に含まれるビタミンB₁はご飯の糖質をエネルギーに変える際になくてはならない栄養素。これからひと頑張りしたい受験生をサポートします。また、玉ねぎの硫化アリルはそんなビタミンB₁の吸収を促進してくれる作用があります。さらに脳神経の興奮を抑えるカルシウムたっぷりの小松菜も添えれば、集中して勉強に取り組めそうです。

 

○材料(1人分)

 

・牛切り落とし肉  80g

・たまねぎ     50g 1/4個

・小松菜      30g 1株

・卵        1個

・かつおだし汁   大さじ3

・しょうゆ     大さじ1と1/2

・みりん      大さじ2

・ごはん      200g

 

○作り方

1.牛肉は一口大に、たまねぎは薄切りに、小松菜は3cmの長さに切ります。

2.鍋にだし汁、しょうゆ、みりんを入れてたまねぎを煮ます。柔らかくなったら、小松菜、牛肉も加えて煮ます。溶き卵を流し入れて蓋をして、30秒したら火を止めます。

3.丼にご飯を盛り、➁をのせます。

 

調理のPOINT!

2の火加減はお好みで。しっかり固めに焼いても、トロトロに仕上げても美味しく食べられます。

 

akahori

監修 赤堀 博美(あかほり ひろみ)先生
■略歴
赤堀料理学園校長、管理栄養士
日本女子大学非常勤講師、十文字学園女子大学非常勤講師
日本フードコーディネーター協会常任理事
東京都文京区に生まれる
1991年3月 日本女子大学大学院 家政学研究科食物栄養学専攻修了
1991年4月 赤堀料理学園副校長
2008年4月より 赤堀料理学園校長
フードコーディネーターとしてテレビ料理番組、ドラマ、CMを担当し、管理栄養士としては栄養指導や食育活動をはじめとして、全国でも講演を行なっている。食品メーカーのアドバイザー、商品開発も数多く担当。

 

受験生応援レシピTOPへ戻る