合格どんどん

応援レシピ

【塾弁編】「明光義塾×エバラ食品」お子さんの好みにあわせてアレンジ自在!すき焼きおにぎらず



「明光義塾×エバラ食品」
すき焼きおにぎらず(調理時間:約20分)

サポートCHECK!

冬期講習など長時間頑張るお子さんをサポートする「塾弁」。おにぎらずなら手軽に食べられるうえ、集中力を維持するのに役立つ食材を摂取できます。
すき焼きおにぎらずには、脳に活力を与える食材がいっぱい! 糖質を含むご飯、糖質を効率的にエネルギーに変える牛肉と玉ねぎの組み合わせが入っているのです。きんぴらごぼうを常備菜にしておけば、より短時間で作ることが可能です。

 

○材料(1個分)


 

・ご飯        150g

・牛もも薄切り肉   80g

・長ねぎ(斜め薄切り)5cm 20g ※

・ごぼう(ささがき) 10g ※

・にんじん(ささがき)10g ※

・すき焼のたれ    50ml

・のり        1枚

・浅漬け野菜     にんじん、かぶ、きゅうりなど お好みで

※はきんぴらごぼうがあれば、それを使ってOK

 

○作り方

1.牛肉は1口大に切る。
2.鍋に「すき焼のたれ」とごぼう、にんじんを入れて煮ます。①の牛肉、長ねぎを加えてさらにサッと煮ます。
3.ラップの上にのりを置き、4辺からそれぞれ2~3cm隙間をあけてその上にご飯100gをしきつめます。真ん中に汁気をよくきった②を均一にのせます。さらに具の上に残り50gのご飯をのせます。

4.のりの4隅を真ん中で合わさるようにおりこんでラップで包み、10分以上なじませます。食べやすく半分にきって切り口を見せて盛り付け、お好みで浅漬けを添えます。

調理のPOINT!

中華炒めを入れたり、唐揚げと野菜を入れたりとアレンジ方法も自由自在。具材は肉などのタンパク質と野菜を組み合わせていれるようにしましょう!


▼エバラ食品のおいしいレシピはこちら▼

http://www.ebarafoods.com/recipe/ 

 

 

akahori

監修 赤堀 博美(あかほり ひろみ)先生
■略歴
赤堀料理学園校長、管理栄養士
日本女子大学非常勤講師、十文字学園女子大学非常勤講師
日本フードコーディネーター協会常任理事
東京都文京区に生まれる
1991年3月 日本女子大学大学院 家政学研究科食物栄養学専攻修了
1991年4月 赤堀料理学園副校長
2008年4月より 赤堀料理学園校長
フードコーディネーターとしてテレビ料理番組、ドラマ、CMを担当し、管理栄養士としては栄養指導や食育活動をはじめとして、全国でも講演を行なっている。食品メーカーのアドバイザー、商品開発も数多く担当。

 

受験生応援レシピTOPへ戻る