合格どんどん

応援レシピ

【夜食編】低脂肪・低糖質だから遅い時間でも食べられる!電子レンジで茶碗蒸し


電子レンジで茶碗蒸し(調理時間:約15分)

 

サポートCHECK!

夜遅い時間の食事は、たんぱく質を中心に摂るようにしましょう。寝る前に炭水化物を摂ると中性脂肪になってしまい、身体によくありません。茶碗蒸しは低脂質・低糖質かつ高タンパクなメニュー。運動が不足しがちな受験生にも嬉しい一品です。生姜汁を加えることで、生姜に含まれるジンゲロールやショウガオール、ジンゲロンなどが身体を温め、血流を改善します。身体の冷えがとれ、頭がすっきりした状態で机に向かえるようになります。

 

○材料(300mlのマグカップ1個分)

・卵        1個

・かつおだし汁   大さじ3

・生姜汁        小さじ1/2

・生タラ      1/4切れ 20g

・小エビ      2尾

・鶏ささみ肉         25g 1/2本

・三つ葉         2本

・薄口しょうゆ   小さじ1/2

・塩                     少々

 

○作り方

1.鶏ささみ肉はそぎ切りにします。小エビは背ワタを取り、殻をぐるむきにします。タラは皮と骨を取り、一口サイズに切ります。

2.卵をといてだし汁、塩、薄口しょうゆ、生姜汁と合わせます。

3.マグカップに①の具材を入れて➁を注ぎます。ふんわりラップをして、600wの電子レンジで30秒加熱し、200wで7分くらい加熱します。熱いうちに刻んだ三つ葉をのせてアルミホイルを被せて数分おきます。

 

調理のPOINT!

加熱し続けるとすが立ってしまうため、加熱は出力を変え、2回に分けて行います。

 

akahori

監修 赤堀 博美(あかほり ひろみ)先生
■略歴
赤堀料理学園校長、管理栄養士
日本女子大学非常勤講師、十文字学園女子大学非常勤講師
日本フードコーディネーター協会常任理事
東京都文京区に生まれる
1991年3月 日本女子大学大学院 家政学研究科食物栄養学専攻修了
1991年4月 赤堀料理学園副校長
2008年4月より 赤堀料理学園校長
フードコーディネーターとしてテレビ料理番組、ドラマ、CMを担当し、管理栄養士としては栄養指導や食育活動をはじめとして、全国でも講演を行なっている。食品メーカーのアドバイザー、商品開発も数多く担当。

 

受験生応援レシピTOPへ戻る