合格どんどん

お悩みあるある

【生活編】試験当日にアクシデント発生!そんなときどうする?

 

試験当日に思いもよらなかったアクシデント発生!でも、試験は待ってくれません。刻一刻と時間は過ぎていきます。突然の出来事にも焦らず対応するためには、起こりうるアクシデントを事前に知っておくことが大切です。あらかじめ知っておけば、当日もしものことが起きても焦らずに対処することができます。そこで今回は、実際にセンパイたちが経験した試験当日のアクシデントと、その対処法をご紹介します。

 

◆アクシデント事例1:試験会場の空調が寒すぎる・暑すぎる

試験会場は大きな教室で行うことも多く、エアコンが十分に行き届いていないことがあります。また、自分の席の位置によっても、ドアの付近だと寒かったり、暖房が直撃する位置だと暑かったりなど、室温環境が違うこともしばしば。寒すぎる、もしくは暑すぎるという状態では、集中して試験を受けるのも難しいですよね。

【対処法】

試験当日は、体温調整がしやすい服装で行くようにしましょう。脱ぎ着しやすいカーディガンを持っていくのがおすすめです。

また、開封していない使い捨てカイロを持っているとさらに安心ですね。

 

◆アクシデント事例2:マークシートの記入ミス

試験終盤で気付きやすいアクシデントなのが、マークシートの記入ミス。どこからかわからないけれど一問ずれてしまっていてマーク欄が一つ足りない!

試験終了間近に気付き、頭が真っ白になったというセンパイも多いんです。

【対処法】

こんなアクシデントを防ぐためにも、大問ごとに解き終わったら正しい場所にマークできているかを確認しましょう。試験時間がもったいないと手を抜くのではなく、必ず大問ごとに確認してマークミスを防ぎましょう!

 

◆アクシデント事例3: 試験会場に時計がない・時計が見えない

試験において実力を出し切るためには、きちんと時間配分をして、自分が解ける問題をしっかりと解いていくことが大切です。ですが、受験会場によっては時計がなかったり、ありはするけれども見にくい位置にある場合もあります。時計はあったものの、遠すぎて全く見えず、時間配分が細かくできず困ってしまったというセンパイも。

【対処法】

そんな事態に備えて、必ず自分の時計を持っていくようにしましょう。腕時計をお勧めしますが、もし腕時計を持っていなければ置き時計でも大丈夫です。

 

 

最後に

予想外のアクシデントに慌てることなく、受験当日、実力を発揮しきってくださいね。

 

悩みあるあるTOPへ戻る